足の裏が痛い原因は?足底腱膜炎について解説|芦屋市口コミ上位のあしや鍼灸接骨院・整体

足の裏が痛い原因は?足底腱膜炎について解説

2024/05/03 | カテゴリー:気まぐれブログ

足の裏が痛い原因は、足底腱膜炎の可能性が考えられます。多少の痛みに対しては気にしない方も多いのですが、放っておくと重症化してしまう可能性もあるため、早めの対処がおすすめです。

本記事では、足底腱膜炎の原因や症状、治療方法について解説します。

 

足の裏が痛い原因は足底腱膜炎の可能性がある

足の裏が痛い原因は足底腱膜炎の可能性が考えられます。足底腱膜炎について詳しく見ていきましょう。

 

足底腱膜炎とは

足底腱膜炎(そくていてんまくえん)は、足裏の腱膜である足底腱膜に炎症が起こっている状態のことです。足底腱膜は、かかとから足指の付け根にかけて、強靱な繊維状の組織である腱が膜のように広がっており、土踏まずのアーチを支える重要な役割を果たしています。

足底筋膜炎の原因は、普段の姿勢による影響が大きいと考えられています。家事や仕事、勉強、スポーツなど、さまざまなシーンで崩れてしまった姿勢が足裏に大きな負担をかけてしまっているケースがほとんどです。

 

足底筋膜炎による影響

 

・歩くときの第一歩目が痛い
・走れない
・立ち仕事で集中できない
・歩いている際に、踵に痛みがある
・スポーツ中、足裏の痛みで思う存分プレーができない

 

上記のように、足底筋膜炎は日常生活にも大きな影響を与えてしまいます。足裏の多少の痛みに対しては気にしない方も多いのですが、放っておくと重症化してしまうケースもあるため、早めの対処がおすすめです。

 

あしや鍼灸接骨の足底腱膜炎の治療

 

あしや鍼灸接骨院では、痛みのある足裏だけにアプローチをすることはありません。足底腱膜炎の痛みは、足裏だけが原因ではないからです。治療を求めに整形外科に行っても、湿布と痛み止めを処方されるだけのケースも珍しくないでしょう。

根本的な原因に着目されないこともあり、なかなか症状が軽減しないという方も多く見られます。
つまり、足裏だけにアプローチしても、改善の道は見えにくいのです。あしや鍼灸接骨院では、以下の施術で足底腱膜炎の改善を図ります。

 

微弱電流機器 エレサス

 

足裏に痛みが出ている際は、まずは炎症の消失や組織の回復が重要です。エレサスでは、早期回復や根本施術を目的に、体に流れている生体電流の流れを整えて、症状を治めていく仕組みを作っていきます。

安静にしていることで一時的に症状は軽減するかもしれませんが、再発のリスクも高くなってしまいます。

 

「姿勢」の崩れと体の「ねじれ」に着目してアプローチする

 

足底腱膜炎による足裏の痛みは、足裏だけに原因があるわけではないので、足裏をほぐすだけでは改善しません。足裏の痛みに悩んでいる方のなかには、「姿勢」の崩れや、体の「ねじれ」によって体の使い方が悪くなってしまい、過度に足裏に負担がかかってしまうケースも多く見られます。

そのため、あしや鍼灸接骨院では、足底腱膜炎による足裏の痛みに対して足裏だけではなく、崩れてしまった「姿勢」と体の「ねじれ」に着目し、アプローチしていきます。

 

まとめ

 

今回は、​​足底腱膜炎について解説しました。足の裏が痛い原因は、足底腱膜炎の可能性が考えられます。足底腱膜炎とは、足裏の腱膜である足底腱膜に炎症が起こっている状態のことです。放っておくと重症化することもあるので、早めの治療が求められます。

あしや鍼灸接骨院では、早期回復や根本施術を目的に、症状を治めていく仕組みを作っていきます。そして足裏だけではなく、崩れてしまった「姿勢」と、体の「ねじれ」にアプローチして改善を目指していきます。

どこへ行っても改善されない​​足底腱膜炎による足裏の痛みのお悩みは、ぜひあしや鍼灸接骨院へご相談ください。

気まぐれブログ一覧へ戻る