頭部多汗症の治療方法を紹介|芦屋市口コミ上位のあしや鍼灸接骨院・整体

頭部多汗症の治療方法を紹介

2024/05/03 | カテゴリー:気まぐれブログ

「頭部多汗症で困っている…」
「頭部多汗症の治療方法が知りたい…」

このように悩んでいる方もいるのではないでしょうか。実は全人口のうち4.7%が頭部多汗症で悩んでいるというデータがあり、決して珍しい疾患ではないことがわかります。日常生活や社会活動に支障をきたすことも多い頭部多汗症ですが、適切な治療により改善が可能です。

本記事では、頭部多汗症の治療方法について紹介します。

 

頭部多汗症とは

 

頭部多汗症とは、頭部に過剰な汗をかく症状のことです。脇や手のひらなどの多汗症と同様に、局所多汗症の一種です。原因は正確には分かっていませんが、遺伝的な要因が考えられています。

原発性局所多汗症診療ガイドラインによると、頭部多汗症で悩んでいる方は、全人口のうち4.7%というデータがあり、決して珍しい疾患ではないことがわかります。

頭部多汗症は、人目が気になったり、恥ずかしい思いをしたり、日常生活や社会活動に支障をきたすこともあるでしょう。以下で、頭部多汗症の治療方法について解説します。


参考:原発性局所多汗症診療ガイドライン 2023 年改訂版

 

頭部多汗症の治療方法

 

多汗症の原因が判明している場合はそれぞれの治療が行われますが、原因が特定されていない場合は、ボツヌリス菌の注射や塩化アルミニウムの外用薬を処方されたり、交感神経を切除する手術が施されたりする場合があります。

 

外用薬(塩化アルミニウム)

 

塩化アルミニウムは、古典的な多汗症の外用薬です。汗孔をふさぐことで汗の分泌を抑える効果があります。頭部にも適応できますが、塗布しにくいのが難点です。また塩化アルミニウムは、皮膚がかぶれることがあるので注意が必要です。

 

ボツリヌス菌毒素製剤

 

ボツリヌス菌毒素製剤は、神経と汗腺の伝達物質であるアセチルコリンを阻害することで汗の分泌を抑える薬剤です。効果は非常に高く、安全で優れた治療法とされています。効果は、治療後3〜4日で現れると言われています。

 

あしや鍼灸接骨の頭部多汗症の治療

 

あしや鍼灸接骨院では、問診や脈診・触診により体質を確認して、それに合わせた施術法を提供します。特に、自律神経系の乱れや更年期障害による多汗症は、磁気治療器やお灸を使って体質改善を行っています。

 

・刺さない鍼/磁気治療器/灸を使用した自律神経の改善
・脈診/触診/鍼治療による筋緊張や身体の滞りを調整
・エレサス

 

多汗症は自律神経疾患の一種で、生命維持に必要な血圧や体温、消化や代謝、血液循環などを調整している神経である自律神経のバランスが乱れることによって起こります。

自律神経は、交感神経系と副交感神経系に分類され、この2つがバランスよく働くことで身体の機能を調整しています。しかし、自律神経はストレスの影響を受けやすく過度のストレスによって乱れが生じます。この乱れが多汗症の原因となっていることがあります。

エレサス治療では、乱れた自律神経のバランスを整えます。下記で詳しく解説しているので参考にしてください。

エレサスの効果とは?体験談も紹介

 

まとめ

 

今回は、頭部多汗症について解説しました。頭部多汗症は、頭部に過剰な汗をかく症状のことで、脇や手のひらなどの多汗症と同様に、局所多汗症の一種です。原因は明確ではありませんが、遺伝的な要因が考えられています。日常生活や社会活動に支障をきたすことも多い頭部多汗症ですが、適切な治療により改善できます。

あしや鍼灸接骨院では、患者様一人ひとりに合わせた施術法を提供しています。特に、自律神経系の乱れや更年期障害による多汗症は、磁気治療器やお灸を使って体質改善を行っています。

頭部多汗症にお悩みの方は、ぜひ一度あしや鍼灸接骨院へご相談ください。

気まぐれブログ一覧へ戻る