頭部多汗症の治療方法を紹介|芦屋市口コミ上位のあしや鍼灸接骨院・整体

頭部多汗症の治療方法を紹介

「頭部多汗症で困っている…」
「頭部多汗症の治療方法が知りたい…」

このように悩んでいる方もいるのではないでしょうか。実は全人口のうち4.7%が頭部多汗症で悩んでいるというデータがあり、決して珍しい疾患ではないことがわかります。日常生活や社会活動に支障をきたすことも多い頭部多汗症ですが、適切な治療により改善が可能です。

本記事では、頭部多汗症の治療方法について紹介します。

 

頭部多汗症とは

 

頭部多汗症とは、頭部に過剰な汗をかく症状のことです。脇や手のひらなどの多汗症と同様に、局所多汗症の一種です。原因は正確には分かっていませんが、遺伝的な要因が考えられています。

原発性局所多汗症診療ガイドラインによると、頭部多汗症で悩んでいる方は、全人口のうち4.7%というデータがあり、決して珍しい疾患ではないことがわかります。

頭部多汗症は、人目が気になったり、恥ずかしい思いをしたり、日常生活や社会活動に支障をきたすこともあるでしょう。以下で、頭部多汗症の治療方法について解説します。


参考:原発性局所多汗症診療ガイドライン 2023 年改訂版

 

頭部多汗症の治療方法

 

多汗症の原因が判明している場合はそれぞれの治療が行われますが、原因が特定されていない場合は、ボツヌリス菌の注射や塩化アルミニウムの外用薬を処方されたり、交感神経を切除する手術が施されたりする場合があります。

 

外用薬(塩化アルミニウム)

 

塩化アルミニウムは、古典的な多汗症の外用薬です。汗孔をふさぐことで汗の分泌を抑える効果があります。頭部にも適応できますが、塗布しにくいのが難点です。また塩化アルミニウムは、皮膚がかぶれることがあるので注意が必要です。

 

ボツリヌス菌毒素製剤

 

ボツリヌス菌毒素製剤は、神経と汗腺の伝達物質であるアセチルコリンを阻害することで汗の分泌を抑える薬剤です。効果は非常に高く、安全で優れた治療法とされています。効果は、治療後3〜4日で現れると言われています。

 

あしや鍼灸接骨の頭部多汗症の治療

 

あしや鍼灸接骨院では、問診や脈診・触診により体質を確認して、それに合わせた施術法を提供します。特に、自律神経系の乱れや更年期障害による多汗症は、磁気治療器やお灸を使って体質改善を行っています。

 

・刺さない鍼/磁気治療器/灸を使用した自律神経の改善
・脈診/触診/鍼治療による筋緊張や身体の滞りを調整
・エレサス

 

多汗症は自律神経疾患の一種で、生命維持に必要な血圧や体温、消化や代謝、血液循環などを調整している神経である自律神経のバランスが乱れることによって起こります。

自律神経は、交感神経系と副交感神経系に分類され、この2つがバランスよく働くことで身体の機能を調整しています。しかし、自律神経はストレスの影響を受けやすく過度のストレスによって乱れが生じます。この乱れが多汗症の原因となっていることがあります。

エレサス治療では、乱れた自律神経のバランスを整えます。下記で詳しく解説しているので参考にしてください。

エレサスの効果とは?体験談も紹介

 

まとめ

 

今回は、頭部多汗症について解説しました。頭部多汗症は、頭部に過剰な汗をかく症状のことで、脇や手のひらなどの多汗症と同様に、局所多汗症の一種です。原因は明確ではありませんが、遺伝的な要因が考えられています。日常生活や社会活動に支障をきたすことも多い頭部多汗症ですが、適切な治療により改善できます。

あしや鍼灸接骨院では、患者様一人ひとりに合わせた施術法を提供しています。特に、自律神経系の乱れや更年期障害による多汗症は、磁気治療器やお灸を使って体質改善を行っています。

頭部多汗症にお悩みの方は、ぜひ一度あしや鍼灸接骨院へご相談ください。

「足底筋膜炎は痩せたら治る?」このような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。結論から言うと、体重増加自体が足底筋膜炎の直接の原因ではないため、痩せるだけで症状が完全に治るとは限りません​​。

本記事では、足底筋膜炎の症状や原因、改善方法について詳しく解説します。足底筋膜炎がなかなか治らなくて悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

 

足底筋膜炎とは?

 

足底筋膜炎(足底腱膜炎)は、足の裏にある筋膜や腱に炎症が起こる状態を指します。かかとから足の指の付け根にかけて、足の裏全体に広がる足底筋膜に繰り返し刺激が加わることで痛みを感じるようになります。

 

足底筋膜炎の症状

 

・歩くときの第一歩目が痛い
・歩いていると踵やその周辺に痛みを感じる
・走れない
・足の裏が突っ張っている感覚がある
・足の裏を押すと痛い
・朝に特に痛みを感じる
・運動した後に痛みが出る
・階段の上り下りやつま先立ちが痛い など

 

上記のように、足底筋膜炎は日常生活に大きな影響を与えます。放っておくと重症化する可能性もあるので、早めの治療が必要です。

 

足底筋膜炎の原因

 

足底筋膜炎は、スポーツによる足の使い過ぎや合わない靴の着用、肥満、長時間の立ち仕事、加齢などが主な原因です。また、普段の姿勢による影響も大きいと考えられています。さまざまなシーンで崩れてしまった姿勢が、足裏に大きな負担をかけている可能性があります。

 

足底筋膜炎は痩せたら治るは間違い?

 

痩せることで足底筋膜炎の症状が改善する可能性はありますが、体重増加自体が足底筋膜炎の直接の原因ではありません。肥満は足裏にかかる負荷を増大させるため、足底筋膜炎を引き起こすリスクを高めてしまうことはあるでしょう。

しかし、足底筋膜炎の根本原因は足底筋膜への過剰な負荷であるため、痩せるだけで症状が完全に治るとは限りません​​。それ以外の要因も考慮すべきです​ 。

症状の改善には、足底筋膜への負荷を減らすことが重要です。適切な靴の着用や体重コントロール、筋力強化、ストレッチ、休息などを取り入れ、医師や専門家の指導のもとで適切な治療を受けることが必要があります。

痩せることが症状の緩和に役立つ場合もありますが、個々の状況により異なるので、専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

 

まとめ

 

今回は、足底筋膜炎について解説しました。足底筋膜炎(足底腱膜炎)は、足の裏にある筋膜や腱に炎症が起こる状態のことです。日常生活に大きな影響を与え、放っておくと重症化する可能性もあるので、早めの治療が必要です。

あしや鍼灸接骨院では、痛みのある足裏だけにアプローチをすることはありません。足底筋膜炎の痛みは、足裏だけが原因ではないからです。治療を求めに整形外科に行っても、湿布と痛み止めを処方されるだけのケースも珍しくないでしょう。

根本的な原因に着目されないこともあり、なかなか症状が軽減しないという方も多く見られます。あしや鍼灸接骨院による治療は、早期回復や根本施術を目的に、症状を治めていく仕組みを作っていきます。そして足裏だけではなく、崩れてしまった「姿勢」と、体の「ねじれ」にアプローチして改善を目指していきます。

どこへ行っても改善されない足底筋膜炎による足裏の痛みのお悩みは、ぜひあしや鍼灸接骨院へご相談ください。

足の裏が痛い原因は、足底腱膜炎の可能性が考えられます。多少の痛みに対しては気にしない方も多いのですが、放っておくと重症化してしまう可能性もあるため、早めの対処がおすすめです。

本記事では、足底腱膜炎の原因や症状、治療方法について解説します。

 

足の裏が痛い原因は足底腱膜炎の可能性がある

足の裏が痛い原因は足底腱膜炎の可能性が考えられます。足底腱膜炎について詳しく見ていきましょう。

 

足底腱膜炎とは

足底腱膜炎(そくていてんまくえん)は、足裏の腱膜である足底腱膜に炎症が起こっている状態のことです。足底腱膜は、かかとから足指の付け根にかけて、強靱な繊維状の組織である腱が膜のように広がっており、土踏まずのアーチを支える重要な役割を果たしています。

足底筋膜炎の原因は、普段の姿勢による影響が大きいと考えられています。家事や仕事、勉強、スポーツなど、さまざまなシーンで崩れてしまった姿勢が足裏に大きな負担をかけてしまっているケースがほとんどです。

 

足底筋膜炎による影響

 

・歩くときの第一歩目が痛い
・走れない
・立ち仕事で集中できない
・歩いている際に、踵に痛みがある
・スポーツ中、足裏の痛みで思う存分プレーができない

 

上記のように、足底筋膜炎は日常生活にも大きな影響を与えてしまいます。足裏の多少の痛みに対しては気にしない方も多いのですが、放っておくと重症化してしまうケースもあるため、早めの対処がおすすめです。

 

あしや鍼灸接骨の足底腱膜炎の治療

 

あしや鍼灸接骨院では、痛みのある足裏だけにアプローチをすることはありません。足底腱膜炎の痛みは、足裏だけが原因ではないからです。治療を求めに整形外科に行っても、湿布と痛み止めを処方されるだけのケースも珍しくないでしょう。

根本的な原因に着目されないこともあり、なかなか症状が軽減しないという方も多く見られます。
つまり、足裏だけにアプローチしても、改善の道は見えにくいのです。あしや鍼灸接骨院では、以下の施術で足底腱膜炎の改善を図ります。

 

微弱電流機器 エレサス

 

足裏に痛みが出ている際は、まずは炎症の消失や組織の回復が重要です。エレサスでは、早期回復や根本施術を目的に、体に流れている生体電流の流れを整えて、症状を治めていく仕組みを作っていきます。

安静にしていることで一時的に症状は軽減するかもしれませんが、再発のリスクも高くなってしまいます。

 

「姿勢」の崩れと体の「ねじれ」に着目してアプローチする

 

足底腱膜炎による足裏の痛みは、足裏だけに原因があるわけではないので、足裏をほぐすだけでは改善しません。足裏の痛みに悩んでいる方のなかには、「姿勢」の崩れや、体の「ねじれ」によって体の使い方が悪くなってしまい、過度に足裏に負担がかかってしまうケースも多く見られます。

そのため、あしや鍼灸接骨院では、足底腱膜炎による足裏の痛みに対して足裏だけではなく、崩れてしまった「姿勢」と体の「ねじれ」に着目し、アプローチしていきます。

 

まとめ

 

今回は、​​足底腱膜炎について解説しました。足の裏が痛い原因は、足底腱膜炎の可能性が考えられます。足底腱膜炎とは、足裏の腱膜である足底腱膜に炎症が起こっている状態のことです。放っておくと重症化することもあるので、早めの治療が求められます。

あしや鍼灸接骨院では、早期回復や根本施術を目的に、症状を治めていく仕組みを作っていきます。そして足裏だけではなく、崩れてしまった「姿勢」と、体の「ねじれ」にアプローチして改善を目指していきます。

どこへ行っても改善されない​​足底腱膜炎による足裏の痛みのお悩みは、ぜひあしや鍼灸接骨院へご相談ください。

ストレートネックは現代病の一つと考えられています。首の筋肉や靭帯に負担がかかるため、さまざまな症状を引き起こし、日常生活にも影響を与えてしまいます。

重症化すると、部分的な痛みから全身に影響を与えることもあるため、早めの治療が必要です。
本記事では、ストレートネックの原因や症状、治療方法について詳しく解説します。

 

ストレートネックとは

 

ストレートネックは、通常は自然なカーブを描いているはずの首の椎骨(頚椎)が、真っ直ぐになってしまう状態を指します。首の筋肉や靭帯に負担がかかるため、さまざまな症状を引き起こす可能性があります。

 

ストレートネックの症状と生活に与える影響

 

・慢性的な肩こりが続く
・デスクワークで効率が落ちる
・家事の際に辛い
・スポーツ動作でパフォーマンスが落ちる
・スマホを持つ際に首肩が辛い

 

上記のように、ストレートネックは日常生活にも大きな影響を与えてしまうこともあるため、早めの対処がおすすめです。

 

ストレートネックの原因

 

ストレートネックの主な原因は以下のとおりです。

・長時間のなスマートフォンの使用
・猫背
・長時間のデスクワーク

 

上記の行動は首にかかる負荷を増加させ、ストレートネックの原因となります。正しい姿勢の維持やスマホの使用時間の制限、デスクワーク時の姿勢改善などが重要です。

 

ストレートネックが重症化すると起こる症状

 

ストレートネックが重症化すると、単なる部分的な痛みから、全身に影響を与える可能性があります。腕や手のしびれや神経の圧迫、ヘルニア、視力低下、耳鳴り、自律神経の不調など、深刻な問題に発展することもあります。

 

あしや鍼灸接骨のストレートネックの治療方法

 

あしや鍼灸接骨院では、だるさや痛みが生じている首だけにアプローチすることはありません。ストレートネックは、首だけが原因ではないからです。ストレートネックと診断された場合でも、整形外科では湿布と痛み止めを処方されるだけのケースも少なくありません。

あしや鍼灸接骨院では以下の施術でストレートネックの改善を図ります。

 

微弱電流機器 エレサス

痛みが出ている際、まずは炎症の消失や組織の回復が不可欠です。エレサス治療では、早期回復や根本施術を目的に、体に流れている生体電流の流れを整えて、症状を治めていく仕組みを作っていきます。

安静にしていると一時的に症状は軽減するかもしれませんが、再発のリスクも高くなってしまうでしょう。あしや鍼灸接骨院では、まずは治すための土台を整え、根本治療を目指します。

 

「姿勢」の崩れと体の「ねじれ」に着目して、アプローチ

 

ストレートネックは首だけに着目して対処されることが多いのですが、原因は首だけではないので、首周りをほぐすだけでは改善されません。「姿勢」の崩れや体の「ねじれ」によって、体の使い方が悪くなってしまい、過度に首に負担がかかってしまうケースも多く見られます。

あしや鍼灸接骨院では、ストレートネックの症状に対して、首だけではなく、崩れてしまった「姿勢」と体の「ねじれ」に着目し、アプローチしていきます。

 

まとめ

 

今回は、ストレートネックについて解説しました。ストレートネックは重症化すると、単なる部分的な痛みから全身に影響を与えることもあるため、早めの治療が求められます。

あしや鍼灸接骨院では、早期回復や根本施術を目的に、エレサス治療により症状を治めていく仕組みを作っていきます。また、首だけではなく、崩れてしまった「姿勢」に着目し、アプローチします。

どこへ行っても改善されないストレートネックお悩みは、ぜひあしや鍼灸接骨院へご相談ください。

腱鞘炎の一種と考えられている「ばね指」ですが、なかなか改善されずに困っている方もいるのではないでしょうか。ばね指は日常生活にさまざまな影響を与えてしまうため、早めの治療が求められます。

本記事では、ばね指の原因や日常生活に与える影響、治療方法について解説します。

 

ばね指とは

 

ばね指は腱鞘炎の一種と考えられており、手のひら側の指の付け根の腱と腱鞘に炎症が起こり、指の曲げ伸ばしがスムーズにできなくなる状態のことです。日頃から手や指をよく使っている方に発症しやすい傾向にあります。

特に以下のような動作は、ばね指の発症の原因となりやすいと考えられています。

 

・パソコンのキーボード・マウス操作
・手を使うスポーツ(ゴルフ テニスなど)
・指を酷使する楽器の演奏(ピアノ ギターなど)
・家事動作

 

ばね指による影響

 

・物を持つのが辛い
・顔が洗えない
・デスクワークがはかどらない
・家事がスムーズにできない
・スポーツ動作でパフォーマンスが落ちる
・スマホを持つ際に痛みが出る

 

ばね指になってしまうと、上記のように日常生活にも与える影響が大きいので、ばね指は早めの対処がおすすめです。

 

あしや鍼灸接骨のばね指の治療方法

 

あしや鍼灸接骨院では、曲げ伸ばしがしにくくなった指だけにアプローチすることはありません。ばね指の原因は、指だけが原因ではないからです。ばね指と診断された場合、整形外科では湿布と痛み止めを処方されるだけのケースが多く見られます。しかしばね指の原因は指だけではないため、指だけに着目しても改善は難しいでしょう。

あしや鍼灸接骨院では、以下の施術によりばね指の改善を図ります。

 

微弱電流機器 エレサス

 

エレサスによる施術では、早期回復や根本施術を目的に、体に流れている生体電流の流れを整えて、症状を治めていく仕組みを作っていきます。痛みが出ている際は、炎症の消失や組織の回復が不可欠です。

安静にしていると一時的に症状は軽減するかもしれませんが、再発のリスクも高くなってしまうでしょう。あしや鍼灸接骨院では、まずは治すための土台を整え、根本治療を目指します。

 

「姿勢」の崩れと体の「ねじれ」に着目してアプローチ

 

ばね指の原因は指だけではないので、指や手首をほぐすだけでは改善されません。「姿勢」の崩れや体の「ねじれ」によって体の使い方が悪くなってしまい、過度にばね指に負担がかかってしまうケースがあります。

ばね指の治療を目的に来院された方の多くは、姿勢が崩れたり、肩こりなどの悩みを抱えていたりすることが多く見られます。そのため、あしや鍼灸接骨院では、ばね指の症状に対して指や手首だけではなく、崩れてしまった「姿勢」と体の「ねじれ」に着目し、アプローチしていきます。

 

まとめ

 

今回は、ばね指について解説しました。ばね指になってしまうと、日常生活に以下のような影響を与えてしまいます。

 

・物を持つのが辛い
・顔が洗えない
・デスクワークがはかどらない
・家事がスムーズにできない
・スポーツ動作でパフォーマンスが落ちる
・スマホを持つ際に痛みが出る

 

そのため、ばね指は早めの治療が求められます。整形外科では、湿布と痛み止めを処方されるだけのケースが多いのですが。ばね指の原因は指だけではないため、指だけに着目しても改善は難しいでしょう。

あしや鍼灸接骨院では、まずは治すための土台を整え、根本治療を目指します。また、指や手首だけではなく、崩れてしまった「姿勢」に着目し、アプローチします。

どこへ行っても改善されないばね指のお悩みは、ぜひあしや鍼灸接骨院へご相談ください。

 

鍼灸施術を専門的におこなう治療院のことを鍼灸院と言います。鍼灸治療は、痛みの緩和や美容効果など、さまざまな効果が期待できます。

本記事では、鍼灸院について詳しく解説し、芦屋市でおすすめの鍼灸接骨院「あしや鍼灸接骨院」を紹介します。西宮市付近で鍼灸院をお探しの方は、ぜひ参考にしてください。


鍼灸院とは

 

鍼灸は、身体に鍼や灸を用いた刺激を与えることで、さまざまな疾患への治療的な介入や、健康増進を目的とする民間療法です。このような鍼灸施術を専門的におこなう治療院を鍼灸院と言います。

専門鍼灸院があれば、接骨院や整体院と一緒に行う治療院も多く、鍼灸整体院や鍼灸接骨院と呼ばれることもあります。

 

整骨院・整体院との違い

 

 

整骨院(接骨院)

整体院

治療法

主に骨折や脱臼、打撲や捻挫などの外傷治療に焦点を当てています。マッサージや電気療法などを用いて、筋肉や関節の機能回復を目指します。

手技による体の調整を主な治療法としています。姿勢の改善や筋肉の緊張緩和、体のバランス調整などを目的としています。科学的根拠よりも、経験や伝統に基づくアプローチが多いのが特徴です。

資格

柔道整復師の国家資格を持つ専門家によって治療が行われます。

整体師に特定の国家資格はありませんが、各種専門学校や団体が独自の認定資格を設けている場合があります。

 

それぞれ治療のアプローチや目的、資格が異なるため、自身の健康状態や治療を求める目的に応じて適切な施設を選択することが重要です。特定の症状や状態に対してどの施設が最適か不明な場合は、ぜひあしや鍼灸接骨院へご相談ください。

 

鍼灸施術で期待できる効果

 

鍼灸施術の効果は以下のとおりです。

 ・痛みや炎症の緩和
・自律神経を整える
・免疫力を高める
・美容効果
・消化機能の改善など

 

鍼灸施術は、さまざまな症状の改善が期待できる治療法です。安全性の高い治療法ですが、効果には個人差があります。鍼灸施術で症状を改善したい方は事前に専門家へ相談し、信頼できる鍼灸院で施術を受けるようにしましょう。

 

鍼灸治療はこんな方におすすめ

 

以下に当てはまる方は鍼灸治療を受けてみるとよいでしょう。

 

・体の冷えやむくみが気になる
・体調を崩しやすい
・生理痛が強くつらい
・どこへ行っても体の状態が良くならない
・肩こりや腰痛が良くならない

 

それぞれの体質や健康状態に合わせた治療ができるので、多くの方に対応できる治療法と言えるでしょう。

 

西宮市付近の鍼灸院「あしや鍼灸接骨院」

 

住所

〒659-0062 兵庫県芦屋市宮塚町3-4-101
電話番号 0797-97-1267
アクセス JR芦屋駅から徒歩10分
阪神打出駅から徒歩10分
阪神バスJR芦屋駅前バス停留所交差点上宮川方面に徒歩3分
診療時間

【月〜土】9:00~21:00

【日・祝日】9:00~18:00(終日自由診療のみ)

施術費用

【初診料】7,630円 ※HP割引6,630円

【2回目以降】6,600円

【再診料※3週間以上空いた場合】1,650円

診察予約 予約可
駐車場 あり
ホームページ https://ashiya-shinkyusekkotsuin.net/

 

口コミサイトNo.1の実績を誇る「あしや鍼灸接骨院」は、「姿勢」と「ねじれ」に特化した施術をおこなっています。

 

・日常的な痛み
・疲労の根本施術
・骨折・捻挫・打撲

 

体のねじれが引き起こす姿勢の崩れに着目し、当院独自の施術によってどのような症状にも対応します。

 

あしや鍼灸接骨院の鍼灸施術の特徴

 

あしや鍼灸接骨院の骨盤矯正は、歪みの解消はもちろん、崩れてしまった身体のバランス(筋肉や骨格)の調整もおこないます。歪みだけでなく、全身が元のあるべき姿に戻ることにより、症状に悩まない身体がつくれるでしょう。

また、女性の場合は産後の骨盤の歪みにも効果的です。出産で広がってしまった骨盤を矯正することにより、美容や健康の面でも効果が期待できます。

 

まとめ

 

鍼灸施術を専門的に行う治療院のことを鍼灸院のことを言います。鍼灸治療は、痛みや炎症の緩和や自律神経の調整など、さまざまな効果が期待できます。

 

・体の冷えやむくみが気になる
・体調を崩しやすい
・生理痛が強く、辛い
・どこへ行っても体の状態が良くならない
・肩こりや腰痛がなかなか良くならない

 

上記のような悩みを抱えている方は、ぜひあしや鍼灸接骨院へご相談くだい。あしや鍼灸接骨院は、「姿勢」と「ねじれ」に特化した施術をおこなっています。独自の施術方法により、快適な生活を送れるようサポートします。

「産後の骨盤ケアはいつから始めるのがいい?」
「そもそも産後に骨盤が歪む原因は?」

このような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。

産後の骨盤ケアは、母体の回復状況や出産の方法によって始める時期が異なります。まずは体の回復を第一に考えながら、徐々に骨盤ケアを始めることが重要です。

本記事では、産後の骨盤の歪みの原因、産後の骨盤ケアを始めるタイミングについて解説します。産後に骨盤の歪みが気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

 

産後の骨盤の歪みの原因

 

産後の骨盤の歪みは、妊娠や出産による体の変化が主な原因です。妊娠中に分泌されるリラキシンというホルモンは、骨盤の関節や靭帯を柔らかくし伸縮しやすくすることで赤ちゃんの通り道を広げる役割があります。この過程で骨盤が緩んでしまい、容易に歪む状態になることがあります。

また、出産時の強い力や、特定の体位で長時間労働することも影響していると言えるでしょう。適切なケアや運動を行わないと骨盤の状態が固定されてしまい、歪みが残りやすくなります。

 

骨盤の歪みを放置すると

 

骨盤の歪みを放置すると、さまざまな体の不調を引き起こすことがあります。主な影響には以下のようなものがあります。

 

・腰痛や肩こり
・消化器系の不調
・産後の回復遅延
・尿漏れや性機能障害

 

これらの問題を防ぐためには、産後の早い段階で適切なケアをおこなうことが重要です。骨盤矯正や適切な運動をおこなうことで骨盤の歪みを修正し、さまざまな問題発生のリスクを低減すできます。

 

産後の骨盤ケアを始める時期

 

産後の骨盤ケアは、母体の回復状況や出産の方法によって始める時期が異なります。骨盤ケアを適切なタイミングで始めることは、産後の回復を促進し、長期にわたる不調を防ぐために重要です。

適切なタイミングを経腟分娩と帝王切開のケースで見ていきます。

 

経腟分娩の場合

 

経腟分娩(自然分娩)の場合、産後すぐに軽い骨盤ケアを始められます。具体的には、産後数日から1週間後には、軽い骨盤底筋のエクササイズや、深呼吸を取り入れたリラクゼーションの開始が推奨されます。初期のケアは骨盤底筋の回復を助け、骨盤の安定性を改善できるでしょう。

ただし、身体の回復状態を確認しながら、無理のない範囲でおこなうことが重要です。産後6週間の検診で医師からOKがでれば、より積極的な骨盤矯正や体操を開始できます。

 

帝王切開の場合

 

帝王切開の場合は経腟分娩時と比べて身体の回復に時間がかかるため、骨盤ケアを開始する時期も遅れがちです。帝王切開の傷が十分に癒えるまで、産後6週間程度は待つ必要があります。この期間中は、過度な運動や体に負担をかける動作は避け、身体の回復に専念しましょう。

産後6週間の検診で医師から運動を始めても良いとの指示を受けた後、徐々に骨盤ケアや軽い運動が推奨されます。帝王切開による傷の回復状況にも注意しながら、骨盤底筋の強化や骨盤の安定を目指したエクササイズをおこなうとよいでしょう。

いずれの場合も無理をせず、体の回復を第一に考えながら徐々に骨盤ケアを始めることが重要です。また、不安がある場合は医師へ相談しましょう。

 

あしや鍼灸接骨院は出産前、出産後の体をサポート

 

あしや鍼灸接骨院では、マタニティ専門の整体で一人ひとりの状態に合わせて、お母さんとお腹の中のお子様も安全な施術を提供しています。

マタニティ整体では、痛みのない施術をおこないます。関節や骨をバキバキ鳴らして整えていくものではなく、体の歪みなどの原因となっている筋肉のねじれにアプローチをしていくため、ほとんど痛みはありません。

「骨盤矯正や整体を受けてみたいけど、痛みがありそうで心配」という方も安心して受けられます。

 

まとめ

 

産後の骨盤ケアは、母体の回復状況や出産の方法によって始める時期が異なります。骨盤ケアを適切なタイミングで始めることは、産後の回復を促進し、長期にわたる不調を防ぐために重要と言えるでしょう。まずは体の回復を第一に考え、適切な時期に骨盤ケアをおこなうようにしてください。

あしや鍼灸接骨院は、不安定になりやすい出産前や出産後のお母さんの体のサポートをしっかりとさせていただきます。整体や骨盤矯正をご希望の際は、気軽にご相談ください。

「エレサス治療とは?」
「どのような効果がある?」
このような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。

エレサスは微弱電流を利用した治療器であり、痛みの緩和、そして痛みの改善へとつなげていきます。

本記事では、エレサスについて詳しく解説します。実際に治療を受けた方の体験談も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

エレサスとは

 

エレサスは、微弱電流を利用した治療器です。損傷を受けた細胞を微弱電流により活性化させ、組織の修復・再生を促進させて、痛みの原因となる細胞の異常を正常な元の状態へと導きます。痛みの原因となる箇所にアプローチすることで、効果的に体内の自然治癒力を引き出しながら痛みの緩和、そして痛みの改善へとつなげていきます。

また、わずかな治療時間でも効果が長続きするのも特徴です。

 

エレサスがおすすめな方

 

エレサスは以下のような方におすすめです。

 

・急性の捻挫や肉離れを早期回復させたい
なかなか改善されない痛みがある
・とにかく早く治したい
・交通事故での痛みやむち打ちが治らない

 

エレサスは、痛みや炎症の緩和、筋肉の疲労回復などに効果的な治療器です。安全性の高い治療ですが、効果には個人差があります。 エレサスでの治療を検討している方は、事前に専門家に相談することをおすすめします。

 

エレサスの効果を実感したい方はあしや鍼灸接骨院へ

 

人の身体にはもともと微量の電流が流れています。人間が無理な動きをした際に細胞レベルで損傷を受け、損傷箇所の修復箇所の修復が遅れると痛みとなって現れます。「エレサス」というトップアスリートも使用する治療器で、症状の原因へアプローチします。

 

あしや鍼灸接骨院でエレサスを受けた方の体験談

 

ここでは、実際にあしや鍼灸接骨院でエレサスを受けた方の体験談を紹介します。治療を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

 

松本院長先生の的確な治療を心より感謝

 

1週間前からお尻が痛くて、椅子に座ろうとした時、寝返りした時、走る時も痛いです。あしや鍼灸接骨院の松本院長先生に見てもらい電気を当てる等、治療して頂き、翌日には痛みも楽になりました。その翌々日には、自分では、痛みを感じていないが念の為、もう一度治療していただきました。

松本院長先生の的確な治療を心より感謝致しております。

引用:あしや鍼灸接骨院

 

諦めていたフルマラソンで完走することができました

 

今回初めてフルマラソンに挑戦する事になり練習をしていた最中、大会1週間前にして右ひざを痛め5キロも走れない状態となりました。もはや出場は無理かと諦めかけていた時にHPで先生のクリニックを見つけ藁をもつかむ思いで訪問しました。始めに先生に「もう4日しかないので…」と相談すると先生は笑顔で「何とかなるかも知れません。

いや、何とかしましょう」と言って下さいました。正直驚きでしたがエレサス治療等のおかげで痛みはほぼ無くなり何と大会も完走する事が出来たのです。多くのクリニックはこういう時「今回は諦めてしっかり治療してまた次回にしましょう」と言うはずです。しかし松本先生はまず患者さんの目的を聞いて下さり、それを達成する為の最善の治療方法とスケジュールを親身になって考えて下さいます。”ケガをしたけどどうしても試合に出たい。”試合に出なければいけない。”そんな時は是非松本先生を訪ねて下さい。

先生、本当に有難うございました!!


引用:あしや鍼灸接骨院

 

痛みだけでなく不安も取り除いて下さいました

 

しばらく休んでいたランニングを再開したのですが、足と首に痛みが出てしまいました。不安な気持ちでいると、友人がこちらでの治療をすすめてくれました。

全身をチェックして下さり、エレサスで治療して頂き、初回から身体の緊張がほぐれていくのを実感しました。足の痛みとなっている原因をお話してもらい痛みを予防できる練習方法もアドバイス頂き、痛みだけでなく不安も取り除いて下さいました。

まずは、11月のフルマラソンを笑顔でゴールするのが目標ですが、そのあとも元気に毎日身体を動かしていけるように定期的にケアをお願いしたいと思っています。

引用:あしや鍼灸接骨院

 

まとめ

 

今回は、エレサス治療の効果について解説しました。エレサスは、微弱電流を利用した治療器です。痛みの原因となる生体組織に電気的なアプローチをすることで、体内の自己治癒能力を引き出しながら痛みの改善や緩和、症状の改善が期待できます。

あしや鍼灸接骨院は、姿勢とねじれに特化した施術を行っています。エレサス治療を検討している方は、ぜひご相談ください。

​​「ハイパーナイフとは?」
「二の腕のたるみが気になる…」
ハイパーナイフとは、美容業界で使用される痩身機器の一つです。二の腕のたるみにはもちろん、さまざまな部分痩せを実現します。

本記事では、ハイパーナイフについて詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

 

ハイパーナイフは痩身機器の名称

 

ハイパーナイフとは、美容業界で使用される痩身機器の一つです。高周波(RF)技術を使用して皮膚の深層部まで熱を送り込み、セルライトの改善や脂肪燃焼を促進します。高周波エネルギーによって生成される熱は、コラーゲンの生成を促し、肌の弾力性や若返りをサポートすることが期待されています。

ダウンタイムがほとんどないため、気軽に美容ケアを受けたい方に人気です。それぞれの体質や肌質に合わせた施術計画が立てられるため、痛みを最小限に抑えながら効果が実感できるでしょう。

 

ハイパーナイフの主な効果

 

ハイパーナイフは、以下のような効果が期待できます。

 

・脂肪燃焼
・セルライト除去
・冷え・むくみ解消
・代謝アップ
・筋肉の引き締め
腰痛や肩こりの緩和

 

ハイパーナイフは、高周波で体を温めると同時に、凝り固まった脂肪やセルライトをもみほぐし、老廃物を排出させます。老廃物が排出されると、血液やリンパの流れが良くなり、痩せやすい体になる上に、肩こりや冷え症、むくみの改善にも期待できるでしょう。

また、高周波によって表面だけではなく皮膚の深い所まで温める効果があり、効率よく脂肪を燃焼させます。

 

ハイパーナイフの注意点

 

ハイパーナイフの治療を検討している方は、以下の注意点を覚えておきましょう。

・妊娠中や授乳中の方は受けられない場合がある
・一度の施術で望む効果が得られない場合があ

 

ハイパーナイフは安全な施術方法ですが、個人の健康状態や体質によっては適さない場合もあります。施術を受ける前には、専門家との十分な相談が必要です。

 

ハイパーナイフは二の腕のたるみにも有効

 

ハイパーナイフは、二の腕のたるみにも効果があります。二の腕は脂肪がつきやすく、たるみやすい部位です。ハイパーナイフによって脂肪を燃焼し、セルライトを除去することで二の腕のたるみの改善が期待できるでしょう。

また、ハイパーナイフはコラーゲンの生成を促進する効果もあります。二の腕の皮膚を引き締め、ハリのある肌へと導きます。二の腕のたるみにお悩みの方は、ハイパーナイフを検討してみてはいかがでしょうか。

 

あしや鍼灸接骨院の「ハイパーナイフダイエット」とは

 

あしや鍼灸接骨院では、ハイパーナイフを用いたダイエットを行っています。高周波の力で頑固なセルライトを一刀両断し、痩せたい箇所の脂肪を徹底的に燃焼させます。マシンのヘッド部分を当てた中心に効果が出て、体勢を自由に変えながら施術が受けられます。

 

・二の腕
・お腹周り
・ふくらはぎ
・お尻
・太もも
・背中など

 

身体の気になる箇所だけキュッと引き締められます。ハイパーナイフは、「ラクして痩せたい」「痛みに弱い」「気になる部位だけやせたい」という方にピッタリの痩身マシンです。ぜひご体験ください。

 

まとめ

 

今回は、ハイパーナイフについて解説しました。ハイパーナイフとは、美容業界で使用される痩身機器の一つです。高周波で体を温めると同時に、凝り固まった脂肪やセルライトをもみほぐし、老廃物を排出させます。二の腕はもちろん、お腹周りやふくらはぎなど、気になる箇所だけを引き締められます。

 

・ラクして痩せたい
・痛みに弱い
・気になる部分だけ痩せたい

 

上記に当てはまる方は、ぜひハイパーナイフ治療を検討してみてください。

「深層筋はどのような筋肉?」
「鍛える必要はある?」
このような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。

深層筋とは、体の深い部分に位置する筋肉のことを指します。骨や関節をサポートする役割を担います。

本記事では、深層筋について詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

 

深層筋(インナーマッスル)とは?

 

深層筋とは、体の深い部分に位置する筋肉のことを指します。身体の安定性や、姿勢を維持するために重要です。具体的には、身体のバランスを保つ、正しい姿勢を支える、関節の安定性を高めるなどの役割を果たしています。

大きな力を発揮するための筋肉ではなく、骨や関節をサポートし、動作の精度を高めるために働いていると言えるでしょう。

身体の主なインナーマッスルは以下のとおりです。

 

・腹横筋(ふくおうきん)
・多裂筋(たれつきん)
・横隔膜(おうかくまく)
・骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)

 

腹横筋(ふくおうきん)

 

腹横筋は、腹部の最も内側に位置する筋肉です。腰椎を支えるとともに腹圧を高め、体幹の安定に関与します。体の中心部をしっかりと固定することで、姿勢の安定や動作の効率化に役立ちます。

 

多裂筋(たれつきん)

 

多裂筋は、背中の深部にある筋肉です。脊柱を支える重要な役割を持ち、背骨の動きを制御し、体幹の回旋や前屈みの動作をサポートします。また、姿勢維持にも不可欠です。

 

横隔膜(おうかくまく)

 

横隔膜は、胸腔と腹腔を隔てる筋肉で、呼吸の主要な筋肉です。息を吸うときに下降し、腹部の圧力を高めることで、胸部の容積を増加させ、空気を肺に引き込みます。体幹の安定性にも寄与し、効率的な呼吸をサポートします。

 

骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)

 

骨盤底筋群は、骨盤の底部に位置する筋肉の集まりです。内臓を支え、排泄機能の制御に関与します。また、骨盤の安定性を高めることで、姿勢の保持や下半身の動きをサポートします。骨盤底筋を鍛えることは、産後の回復や尿漏れ予防にも効果的です​。

 

深層筋(インナーマッスル)を鍛えるメリット

 

深層筋(インナーマッスル)を鍛えることで以下のようなメリットが得られます。

 

・姿勢が改善される
・腰痛、肩こりの予防と改善
・基礎代謝アップ
・内臓を正しい位置に戻す
・運動能力の向上

 

姿勢が改善される

 

深層筋を鍛えることで、体の軸を安定させる筋肉が強化されます。これにより、背骨を適切に支え、自然と正しい姿勢が保たれるようになります。

正しい姿勢は見た目の印象を良くするだけでなく、体の負担を均等に分散させるため、日常生活での疲労感の減少にも期待できるでしょう。

 

腰痛・肩こりの予防・改善

 

深層筋が強化されると、腰や肩などの関節や筋肉への負担が軽減されます。特に腹横筋と多裂筋は腰痛の予防と改善に直結する筋肉であり、これらを鍛えることで腰周りが安定し、腰痛や肩こりのリスクを軽減できます。

 

基礎代謝アップ

 

筋肉量が増えると、基礎代謝量も上がります。深層筋を含む筋肉を鍛えることで、体がエネルギーを消費しやすい状態になり、太りにくい体質へと導きます。また、筋肉は脂肪よりもエネルギーを多く消費するため、日常生活でのカロリー消費量の増加も期待できるでしょう。

 

内臓を正しい位置に戻す

内臓を正しい位置に戻すことで、消化管の通過がスムーズになり、便秘が解消されやすくなるでしょう。また、ウエストや腹部をすっきりさせられるメリットもあります。

 

運動能力の向上

 

深層筋を鍛えることで、身体の安定性と動きの効率が向上します。これによりジャンプ力やダッシュ力など、さまざまな運動パフォーマンスの改善が期待できるでしょう。また、怪我の予防にもつながります。

 

まとめ

 

今回は、深層筋について詳しく解説しました。深層筋は体の深い部分に位置する筋肉であり、骨や関節をサポートする役割を担います。鍛えることで姿勢の改善や運動能力の向上などが期待できるでしょう。

あしや鍼灸接骨院は、深層筋調整も行っています。筋肉の専門家による施術は、痛みの原因となっている箇所を探しアプローチするので、根本治療が可能です。

 

・エステやサロン、整体に行っても症状が改善されない
・マッサージ後よく揉み返しがくる
・肩や腰の痛みが酷く悩んでいる

 

上記のような悩みを抱えている方は、ぜひあしや鍼灸接骨院へご相談ください。